日本より昔からあるタンスの魅力

タンスは衣類や小物類を収める事が出来る家具です。
引き出しや扉が付いており、そこを開けて物を収納する事が出来ます。
基本的には木で出来ている物も多いですし、大量の物を入れなければならないので大きいのが特徴です。
タンスは日本の昔ながらの家具であり、現在では和箪笥として知られています。
ただ西洋の収納家具もあり、呼び方として、洋箪笥や洋服箪笥とも呼ばれるようになりました。
タンスは衣類だけを着用するだけでは無くて、食器を入れられる物や、薬を入れられる物、帳面を入れたり等、様々な物を入れられるタイプもあります。
その場合は、何を入れるかによって大きさや形等に工夫がされているケースが多いです。
他にも婚礼に使われる物として婚礼箪笥と呼ばれるような物もあります。
中には空き巣被害等、中の物を盗まれないようにからくり細工が施された物や、災害等で持っていかなければならない時の為に、車輪が付けられたような物も存在しています。
階段と箪笥の機能が一緒になっているような物もありますが、移動をさせる事はできません。
桐で作られた物は関東では高級品として珍重されています。
他にも杉や桜やけやき等、様々木材で作られている物も多いでしょう。

和タンスを現代風に素敵リメイク!

昔は嫁入り道具の筆頭として、必ず準備された和タンスですが、いまでも「おばあちゃんやひいおばあちゃんの嫁入り道具の和タンスが家にある」という方もいらっしゃると思います。
「思い入れがあるので処分は出来ないが、現在の住宅事情には馴染まない」と持て余している方は、リメイクしてみてはいかがでしょうか。
リメイクにはまず、漆などの塗料が塗られている場合にはグラインダー等を使ってその塗料を全て剥がします。
素地が現れたら、虫くい穴やへこみをパテで補修し平らにしましょう。
ガタつきや引き出しが上手く閉まらないなどの問題も、この際にかんな掛けなどで解決しておきます。
その後、木肌を生かしたニスなどの塗料を塗り、和タンスの特徴である金具をキレイに磨いたらDIYでのリメイクは完成です。
リサイズなど、大掛かりなリメイクを希望する場合には専門の業者に依頼しましょう。
奥行きを30~40cmほどに狭めたり、3段ほどに縮めてアイアンの脚を付けるなどするとリビングボードやテレビ台として使いやすく、アンティークとして取り入れやすい家具になるのでオススメです。
昔から大切に使われてきた家具ですから、良いところを残しつつ使いやすいようにリメイクして受け継いでいけるといいです。

pickup

ペット火葬 草加市

浮気・不倫・素行調査など承ります。まずはお気軽にご相談ください。

探偵 大阪

文京区で賃貸をお探しの方はお任せください

文京区 賃貸

2018/9/13 更新

『箪笥』 最新ツイート

@RYO_aipri2

そして、粘らないって言ったのに粘ってしまったのです…。チャンラー直ぐ箪笥貯金するからな😰 それにしてもポーズも表情も良きキラチケ☺️💕 https://t.co/LyjY96OW4P

1分前 - 2018年10月19日


@sendaitansu_k

【仙台箪笥&カフェけやき 北仙台ショールーム】 Google ストリートビューで店内をご覧いただけます。 https://t.co/I8GzAcvWuk

7分前 - 2018年10月19日


@K_reminder_13

引き出しの話。私達は人から話を聞くと、その話のテーマ、すなわち分類を考える。私達の記憶・思考という箪笥の中の、どの引き出しに仕舞うかの分類を決める。そして、引き出しを開け、既に入っているものとの関係を計りバランスを見てを折り合いをつけて、引き出しの中に仕舞う。

11分前 - 2018年10月19日


COPYRIGHT(C)小指をぶつけないでALL RIGHT RESERVED