タンスの傷を自分で効果的に補修する方法について

家具の一種であるタンスは長い年月に渡って使用することが前提なので頑丈に作られているのが大きな特徴ですが、使用している間に微小な傷が発生することがあります。
特に古いタンスは表面にコーティングが施されていない物が多いので傷みやすい傾向があります。
微小な傷は家具としての機能に影響はありませんが、見栄えが悪く部屋の雰囲気が暗くなってしまうことがあります。
そのため、表面をきれいに整えることが大切です。
通常は家具屋などの専門業者に補修を依頼しますが、近年では専用の補修剤が市販されているので自分で表面を綺麗にすることができます。
また、使用しているタンスの材質や配色によってはクレヨンなどを補修剤の代わりに使用することも出来るので、少ない支出で家具をリフォームすることが可能です。
日常生活の中で家具を使い続けると表面の劣化は必ず発生してしまうので、適切な補修を行うことが家具を長持ちさせるための心得になります。

タンスの傷隠しを上手に行うコツについて

タンスは長く使い続けることが前提なので頑丈に作られているのが特徴ですが、経年劣化や扱いの粗雑さから表面に細かい傷が出来ることがあります。
家具としての機能に影響はありませんが見た目が悪く、部屋の雰囲気が暗くなってしまうことがあります。
そのため、目立つ傷を上手に隠す工夫が必要になります。
家具の見た目の悪さを改善するために用いる補修剤は誰でも手軽に使用できるように色鉛筆やスプレーなどの簡易的な造りになっています。
また、色の種類も豊富なので様々なタンスの補修に用いることが可能です。
傷を上手に隠すためには類似した複数の種類の色を使い分けて、周囲の色と馴染ませるように塗料を塗り込むことが大切です。
補修剤は同じ色名でも製造メーカーによって明るさや質感が違う他、実際にタンスに塗ると色が変わって見える物もあります。
そのため、事前に不要な木材などに試し塗りを行って実際の色合いを確認する必要があります。
また、塗布した後の艶や質感の調節も自然な色合いを出すための工夫なので十分に練習してから塗布するように心がけます。

check

全身脱毛を福岡でする
http://www.datsumohikaku.com/fukuoka/

最終更新日:2017/1/26

COPYRIGHT(C)小指をぶつけないでALL RIGHT RESERVED